東京・埼玉の出張カラオケレッスン Soulfulカラオケ教室

カラオケが苦手な人も楽しく上手くなれる!カラオケボーカルトレーナーYUKINOのSoulfulなボイストレーニングブログです。

口を開けると顎が痛い!? 歌と顎の関係

 

    f:id:kiiyu-soulfulsound:20190214204427j:plain

 

こんにちは。

 

カラオケボーカルトレーナーのYUKINOです。

 

しばらく、医学的なお話をしていますが、今回もについて書いていきます。

 

突然ですが、口を開けると顎が痛くありませんか??

顎が痛い人って意外と多いのです。

 

発声のレッスンをしていると、ある女性の生徒さんが

「口が大きく開かないんです」

と言いました。

 

本人が口を開けているところをよく見ていると、口を開くときに

カクッ

と音がしていました。

実はその症状は顎関節症によくみられるものです。

 

顎関節症とは?

 

 

口を開けたときにカックンと顎の関節が鳴る症状が顎関節症です。

最近、若い人にも増えているようで、以前に担当していた高校生の男の子も顎がカクカクしていました。

 

痛みを感じる人もいますが、痛みがない人もいるようです。

 

顎関節症の原因って何?

 

 

顎関節症は、様々な原因が考えられるそうですが、多くは歯のかみ合わせが合っていないことが原因のようです。また、歯ぎしりや歯の食いしばりも原因の一つです。

 

私自身、以前に矯正をしていましたが、矯正中、上下のワイヤーが通っている前歯に、小さな輪ゴムで固定していたときは、しばらく、顎が痛い時期がありました。

 

上の歯と下の歯を輪ゴムで止めるということは、無理やり口を閉じている状態なので、当然口が開きにくくなってしまいます。

 

顎は使わないと衰えていくので、やはり昔よりは今の人たちは硬いものを食べなくなった食生活の影響もあるのかなと個人的に思います。

 

話がそれますが、親知らずを抜いたときに、しばらくは抜いたほうではない反対の歯で噛むようにしていました。

そのときに、しばらく、片方だけでしか噛んでいないので、使わないほうの顎が痩せました。そして、噛む力が弱くなったような気がしました。

 

最近、片方の歯で噛む人も多いようです。例えば、虫歯があって痛いから片方でしか噛まないとか。

 

顎の筋肉は使わないと徐々にもろくなります。そして、噛み合わせも変わる可能性があります。

 

顎のバランスが崩れると、顎が痛くなり、口も開きにくくなるので、片方だけで噛んでいる人は気を付けてください。

 

 

発声と口の大きさの関係

 

 

では、本題ですが、顎が痛いという人は無理に大きな口を開かないようにしましょう。

開く範囲内で大丈夫です。

 

発声は、口を開きますが、歌うときは意外と口が開いていない人が多いです。普段、しゃべるとき口をあまり開いていませんよね?

実際、しゃべるときは、口を開かなくても (極端にいうと腹話術ぐらいに口を閉じていても) 発音が可能です。

 

特に日本語の場合、英語よりも発音が複雑ではないためそこまで口を開けなくても発音できるのです。

 

ただ、その喋っているときのような口のまま歌ってしまうとどうなるのか?

 

①声がこもるので、歌詞がなんて言っているのか聞き取りにくく、伝わりにくい!

②歌う本人は、声が出しにくくなる、声が詰まる、高い声が出にくい・・・などなど。

 

特に、口を横に開けたまま歌うと、声がのっぺりします。

 

顎が痛い人は、歯医者さんでマウスピースなどの装置で治療することをおすすめします。

痛くなければ、そこまで気にする必要もないですが、歌うときや発声練習の際は口を開けすぎないように適度に開けるようにしましょう。

 

 

適度な口の開き方とは?

 

 

口を縦に開きます。

その時の口の大きさは、人差し指と中指を縦に二本分入るぐらいが目安です。

 

 

顎は歌うとき、しゃべるとき、食べるとき・・・とても大切です。歌は自分の身体が楽器です。

 

たまにメンテナンスも必要ですよ。

 

 

Soulfulカラオケ教室では体験レッスンを実施中です。

 

詳しくは お問い合わせ からどうそ。

教室名変更 (ブログ名変更) のお知らせ

こんにちは。

カラオケボーカルトレーナーのYUKINOです。

 

このブログ名を変更いたしました。

同時に、教室名も変更いたしました。

 

旧ブログ名カラオケ店で気軽に楽しくボーカルレッスンー埼玉・東京の出張型カラオケ教室 SOULFULVOICE

 

新ブログ名東京・埼玉の出張カラオケレッスン Soulfulカラオケ教室

 

教室名は、カラオケ教室SOULFUL VOICEから

Soulfulカラオケ教室 へ変更いたしました。

 

 

 

今後もさらに、ソウルフルなボイストレーニングブログを発信していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

YUKINO

高音で苦しいほど顎が前に出てしまう理由とその弊害とは?

       f:id:kiiyu-soulfulsound:20190206201051j:plain

 

 

こんにちは。

カラオケボーカルトレーナーのYUKINOです。

 

医学的なお話の続きで、今回はについて書いていきます!

 

あなたは、高音を出すときや声を出すことが苦しいときに顎が前に出ていませんか?

顎が前に出るというのは、意外と自分では気づかず、他人に指摘されないとわからないことです

 

歌っているときの顎はどうなっている?

 

 

歌っているとき、鏡で口の開きなどは確認できたとしても、顎がどうなっているかなんてあまり確認しませんよね。

歌うとき、発声をしているときに確認してみてください。

 

顎が前に出ていないかチェックする方法

 

 

身長を測るときのように、壁にピタッと頭、肩、背中、おしりなどをつけるようにします。

そして、その状態で声を出してみます。もしくは歌ってみましょう。

 

どうですか?頭が壁から離れてしまいませんか?

顎が前に出るとどうしても顔ごと前に出ます。

 

その姿はまるでハトが首を前に振っているときのような・・・(笑)

 

ハトはいいとして、そもそも、なぜ人は顎が前に出てしまうのでしょうか?

 

 

顎が前に出てしまう理由とは?

 

 

顎が前に出る理由として、考えられるのは、高い音を出すときです。

高い音を出すとき、その人の合う高さを超えた場合は、苦しくなりますよね。

そんなときに、無理やり出そうとすると、にも力が入ります。

 

そして、顎にも力が入ります。音が高いから、顔を上にあげて歌う人も多いのではないでしょうか?

ただ顔を上に向けるだけならいいのですが、大体の人は、顔を上に向けるだけでなく、顎を前に出して上にあげてしまうのです。

 

顎が前に出ると高音が出やすいという人もいるかもしれませんが、実は顎が前に出ることで高音はより出にくくなります。

 

顎が前に出ることで起きる弊害とは?

 

 

声を出すのが苦しいから、顎を前に出す人は意外と多く、特に男性に多くみられます。私が今まで教えてきた生徒さんの中で顎が前に出る人は男性が多かったです。

 

顎を前に突き出すようにしてみると、首が伸びて、喉の部分の皮膚が突っ張り、前に引っ張られます。すると、喉に力が入るようになるのです。喉の筋も目立つようになります。

 

顎が前に出ないようにするトレーニング方法

 

 

無意識のうちに、顎に力が入り前に出てしまう人は、癖になっているかもしれません。

なので、意識的に練習をする必要があります。

 

顎を引く意識をしてみましょう。そのときに役立つのが、先ほどチェックしたを使うことです。

 

まっすぐであればどこの壁でも使えます。家でもカラオケでも壁は必ずありますよね。

壁に頭、肩、背中、おしり、足をぴったりつけて声を出す練習をします。

 

顎を前に出すことが癖になっていた人は、最初はとても声を出しにくく、歌いにくいでしょう。それは、いつも顎の力に頼って声を出していたということです。

徐々に慣れてきたら、壁から離れた状態で歌ったり、声を出してみましょう。

 

顎が前に出なくなり、顎を引くことで喉は脱力され、顎の力に頼らなくても良い声がでるようになります。

 

高音で苦しいという人は一度、顎をチェックしてみてください!

 

 

Soulfulカラオケ教室では

体験レッスンを実施中です。

 

詳しくは

 

お問い合わせ からできます。

歌っているときに舌が盛り上がっていませんか?

 

    f:id:kiiyu-soulfulsound:20190130125838j:plain

 

こんにちは。

カラオケボーカルトレーナーのYUKINOです。

 

前回、歌っているときに舌が引っ込むこと

www.karaoke-soulfulvoice.com

の記事を書きましたが、今回は前回と同じくのお話です。

 

歌うとき、発声をしているときこんなことが気になりませんか?

・声が詰まる・声がこもる

・高音が詰まる

 

これらは、が影響しているかもしれません。

 

舌に力が入るとどうなるのか?

 

 

声を出すときに、舌がどのような形になっていると思いますか?

鏡などでチェックしてみましょう。

 

前回は、舌に力が入ることで、舌が奥に引っ張られて舌が引っ込む現象が起きるということをお伝えしました。

舌に力が入ると、引っ込む以外にも、舌が盛り上がることがあるのです。

 

舌が盛り上がる・・・?って何だ??

と思いますよね。

 

舌の奥、舌の付け根である舌根 (ぜっこん) と呼ばれていますが、その舌根が声を出す際に盛り上がるということです。

 

舌根が盛り上がるとどうなるのか?

 

 

舌根が盛り上がると、喉の奥が塞がれてしまいます。

舌で喉に蓋をしてしまうようなものです。

 

 

舌根が上がっていないかチェックする方法

 

 

鏡を見ながら、あ~と声を出してみてください。

その時に、のどちんこは見えますか?

もし見えていなければ、舌が盛り上がっているということがわかります。

 

舌に力が入ってしまうのはなぜ?

 

 

前回もお伝えしましたが、舌は発声するときや、食べ物を飲み込むなど口腔内でとても重要な役割をしています。

 

そして、舌は筋肉でできています。その筋肉に力が入るのは普段使っていないからです。

 

舌に力が入る=舌が硬い

 

硬い筋肉をほぐすには、動かすことが必要なのです

 

 

舌をほぐすストレッチとその効果とは?

 

 

舌をほぐすと滑舌もよくなります。そして声も柔らかく出るようになります。舌で発声を邪魔されないので、スムーズに発声することができます。

 

では、舌をほぐすストレッチをご紹介します。

 

やり方は簡単です。舌を口の中でグルグルと回します。

上から下、右側、左側と歯の表面を舌でなぞるように、口の中を一周させます。

 

舌が盛り上がるなんて、おそらくトレーナーに指摘されなければ意外と気づかないぐらい無意識でなっていると思います。

 

私自身も舌に力が入りやすく、トレーニングの際に邪魔をしていました。

洋楽を歌っていたのですが、英語は日本語よりも発音が複雑で、舌をとても使うので、舌が硬いのはあまりよろしくないことなんです。

 

高音を出すのも、力が入りやすい人が多いですが、同時に舌にも力が入っているはずです。

 

舌が引っ込む人のトレーニングにもおすすめなのは、舌を出しながら声を出す練習が良いでしょう。

 

 

Soulfulカラオケ教室では

体験レッスンをおこなっています。

 

詳細は お問い合わせ からどうぞ

 

 

 

歌っているときに舌が引っ込んでいませんか?

 

     f:id:kiiyu-soulfulsound:20190123164819j:plain

 

こんにちは。

 

カラオケボーカルトレーナーのYUKINOです。

 

前回、前々回と医学的なお話をしていますが、今回も少々医学的なお話を。

 

突然ですが、自分の舌が歌っているときにどのようになっていると思いますか?

舌は、普段あまり意識されない部分ですが、しゃべるのはもちろん、食べ物を飲み込んだり味覚を感じたり、発音するなど、舌がとても重要な役割を担っていますよね。

 

今回はそんな大事な舌について声とどのように関係しているのか?お伝えしていこうと思います。

 

 

舌の役割

 

 

舌は筋肉でできています。口の中で最も大きい筋肉です。

舌は発音する際に必要不可欠です。

食べ物を飲み込むのも、歯で噛み砕いたものを舌が送り込む働きをします。

 

熱さや冷たさを感じるのも舌です。よく猫舌とか言いますよね。

 

余談ですが、熱いものが苦手な人は舌先から先に熱いものに触れる?から真っ先に熱さを感じるということをテレビで見たことがあります。

舌先は最も温度を感じやすいようです。

 

そんな舌ですが、実は発声や歌うときに大きく邪魔をしている可能性があるのです。

 

発声時の正しい舌の位置と発声を邪魔してしまう位置とは?

 

 

通常時の舌はどのような位置にあるかわかりますか?

大体の人は下の前歯の裏側にあるのではないでしょうか?

 

完全についている人もいれば浮いている人もいると思います。

 

では、発声時はどうなりますか?

 

実際に声を出して確認してみましょう。

 

舌が通常と同じように下の前歯の裏側にあれば正しいです。

もし、舌が奥に引っ込んでいれば、それは舌に相当力が入っている証拠です。

 

 

舌に力が入る人、意外と多いです。私もその一人でした。

高音の練習をしているときに、舌が引っ込んでいることに気づいたのです。

 

これには、原因がありました。

私は小学生のころ、歯科矯正をしていたのですが、その時に舌で歯の裏側を強く押してしまわないように注意されたのです。

そのため、舌を歯の裏側につかないように引っ込める癖がついてしまっていたのです。

 

それが原因で発声の際に舌を引っ込めてしまい、結果、強い力が入るようになりました。

 

舌が邪魔しているとわかってからは、舌を意識して声を出すようにしました。

 

では、実際にどのように舌に力が入っているか確認できる方法があるのでご紹介しますね。

 

舌に力が入っているか確認する方法

 

 

①まず、舌をあっかんべ~とするように出します。

②舌を出したまま、ア~ と声を出します。

③徐々に音を高くしていきます。

 

慣れないと最初は出しにくいと思いますが、舌に力が入っている人は特に出しにくいと思います。

そして、舌が奥に引っ込もうとする力が働くのがわかるはずです。

 

声量も舌を出さない状態よりも小さくなるなら、舌の力を使って声を出しているということです

 

では、そんな舌に力が入りやすい人の原因とは何なんでしょう?

 

舌に力が入る原因と舌に力が入ると起こりうる症状

 

 

私のように、矯正が原因の場合もまれにあるかもしれませんが、舌の大きさや長さなど人それぞれ違いがあるので、一概にこれと断言できません。

 

舌は筋肉なので力が入りやすいともいえるでしょう。

 

舌に力が入ると、舌が固まる=発音が硬くなる=声が硬くなる

以前、下記の記事を書きましたが  ↓

www.karaoke-soulfulvoice.com

 

歌うときには滑舌が結構関係しているので、舌が硬いと歌いにくくなるのです。

 

そんな舌を脱力させる方法はあるのでしょうか?

 

舌を柔らかく、舌に力が入らないようにするトレーニング

 

 

①舌を自分の手でつかみながら→(ティッシュなどで挟むと良いです。)

べ~っと前に出します。

②その状態のまま、ア~と声を出します。

このトレーニングをすると、舌が奥に引っ込もうとしても、手でつかんでいるので奥に引っ込まないようになります。

 

ただ、結構苦しいです。普段いかに舌に頼っているかがよ~くわかりますよ。

 

 

舌が前に出ている状態で声が普通に出るようになったら、舌を出さずに通常の発声をしてみます。

 

すると、声が前よりも滑らかに出ると思います。舌の上を息が滑って声に乗っかるように出ている!そんな感覚が個人的にしました。

 

つい力んで歌ってしまう人はぜひチェックしてみてください。

 

Soulfulカラオケ教室では体験レッスンをおこなっています。

 

詳しくは

 

お問い合わせ からどうぞ

 

 

 

歌声が鼻にかかっていませんか?~様々な鼻声の治し方

 

    f:id:kiiyu-soulfulsound:20190116212636j:plain

 

こんにちは。

 

カラオケボーカルトレーナーのYUKINOです。

空気カラカラの今日この頃ですが、乾燥しているので、風邪やインフルエンザにも注意が必要です。

 

さて、今回はちょっとだけ医学的なお話第二弾!!

 

鼻声についてです!

 

えっ??鼻声?

 

そんなのわかんないし・・と思いますよね。

 

前回は耳と声の関わる話でしたが、今回は鼻と声に関わる話です。

 

 

風邪以外の鼻声の原因とは?

 

 

以前、私が教えていた高校生の女の子は、いつも鼻の調子が悪くぐずついていました。

声がとても綺麗で歌える子でしたが、鼻が詰まっているのでどこか抜けきれない声で、こもっているようにも聞こえました。

 

彼女に私は聞きました。「いつからその声(鼻声)なの?」 と。

すると、だいぶ前からだそうで、耳鼻科の先生には慢性の鼻炎だと言われたと言っていました。

鼻が詰まることで、呼吸がしにくいため必然的に口呼吸になります。

歌うときは口呼吸でも良いですが、日常的に口呼吸をしてしまうと、乾燥し、風邪をひきやすくなったりデメリットも多いのです。

 

さらに彼女が言うには、痰が絡むような感覚もあったようです。

調べてみると、後鼻漏(こうびろう)という症状がわかりました。

 

後鼻漏って何?

 

 

後鼻漏とは、鼻水が喉の奥へ流れていく症状です。通常は鼻水を飲み込んでも特に何も感じませんが、後鼻漏の症状となると喉に絡むような感覚があるようです。

 

痰というと、肺などから出てくるイメージがあるかもしれませんが、鼻腔から出る鼻水が原因の痰もあるのです。

 

後鼻漏の症状の原因

 

ウイルス性の風邪を引き、鼻腔内で細菌に感染すると副鼻腔炎が発症します。副鼻腔炎にかかると、後鼻漏の症状が出てしまうのです。

 

副鼻腔炎も、種類があり、短期間で治るものや、慢性化するものなどあるようです。

 

アレルギー性鼻炎

 

皆さんもこの症状に悩まされていませんか?

私はまさにこれです。ホコリに反応してしまうので、ホコリが多い場所にいるだけで鼻がムズムズし、くしゃみがとまらなくなります。花粉症もこのアレルギー性鼻炎と同じ症状です。

 

鼻が常にかゆくて鼻水が出て、くしゃみが出て、鼻をかんで、鼻が詰まっていく・・・という最悪な状態になります。

 

鼻声の人の大半はこのアレルギー性鼻炎によるものだと思います。

私の場合は、ホコリや花粉の時期だけなので、マスクをしたりなるべくほこりや花粉を直接吸わないようにして気を付けていますが、このアレルギー性鼻炎も後鼻漏の症状が出やすいようです。

 

どうやって治すの?

 

 

耳のお話と同様、耳鼻科に行きましょう。耳鼻科で抗菌薬などによる治療を受けると良いでしょう。

鼻は声を出す際に耳と同様にとても大事な器官です。

気になる人は耳鼻科へ行きましょう。

 

鼻声ではないのに鼻にかかっている声とは?

 

 

鼻声の医学的なお話でしたが、続いては声をあえて鼻にかけて出している場合のお話です。

 

鼻声の歌手って誰が思い浮かびますか?

 

例えば、浜崎あゆみさんの声を思い出してみてください。

彼女は一時、突発性難聴を患い、歌声や歌い方なども変化がありましたが、全盛期の彼女の声はかなり鼻にかかっているように聞こえます。

 

鼻にかけるとはどういうことか?

 

 

よく物まねの人が使う場所が鼻なのです。鼻にかけるとは言葉で説明するのが意外と難しいのですが、無意識に鼻にかけている人は結構多いです。

 

イメージとしては、声を前ではなく、鼻の奥の方に向かって声を出すような感覚です。

 

鼻にかかっていることは決して悪いことではありません。声を鼻にかけることで、アニメに出てくるキャラクターのような可愛い声を作れたり、声に個性を与えます。

 

ただ、鼻にかけることで弊害も出てきます。

例えば、声が通らずこもる、声量が小さいなどです。

 

話し声では、タレントのYouさんの声はとても特徴がありますが、真似すると鼻にかける感覚がわかるかもしれません。

 

そんな鼻声ですが、鼻にかかっているかチェックする方法があります。

 

あー と声を出しながら、鼻をつまんでみてください。鼻にかかっている人は鼻をつまむと途端に音量が小さくなります。または出なくなります。なぜなら、鼻の奥の方で声を出しているため、鼻をつまむことで蓋をしてしまうからです。

 

水道の蛇口を締めるような感じでしょう。

 

普通に声を出している人なら、鼻をつまんでも音量は変わらず、特に出しにくさも感じないでしょう。

 

高音になると鼻にかけて出している人も多いので、鼻にかかっている声を直したい人は鼻をつまみながら歌う練習をしてみると良いでしょう。

 

 

Soulfulカラオケ教室では、声が気になる人のレッスンもおこなっています。

体験レッスンは 

お問い合わせ からどうぞ

 

高い声を出したら耳が聞こえにくくなるのは一体なぜ?

   f:id:kiiyu-soulfulsound:20190107151811j:plain

 

こんにちは。

 

カラオケボーカルトレーナーのYUKINOです。

 

2019年始まりましたね。

今年も宜しくお願い致します!!

さて、今年初のテーマは少し医学的な?!お話です。

 

皆さん、歌っていたり発声練習中に耳が詰まったような感覚になったことはありませんか?

 

飛行機やエレベーターに乗っているときや、トンネルなど山道で耳が詰まるあの感じです。

 

あれって気持ち悪いですよね。

 

そもそも何なの?ということで調べてみました。

 

耳管開放症(じかんかいほうしょう)の疑い!?

 

 

何だか聞きなれない病気ですが、耳鼻科の情報によると上記のような症状が現れるようです。

 

耳管とは?

 

 

耳管は、鼻をかむと耳に空気が入る感覚があると思いますが、鼻と耳はつながっていて、鼻の奥から耳への通り道のようなものが左右にあります。

これを耳管と呼びます。

 

正常な状態でも、高い山に登ったりエレベーターが上がり気圧が変わると、耳が詰まるような感覚になります。

これは中耳腔と大気圧に差が生じ、鼓膜が引っ張られることが原因のようです。

 

しかし、唾を飲み込んだり、あくびをすると詰まりが解消されます。

これは、耳管が開き、中と外の圧が同じになるからだそうです。

 

耳管は通常は閉じていて、飲み込み時やあくび、鼻をかむときに開くようになっています。

 

スキューバ―ダイビングでも耳抜きという言葉を聞いたことがあると思います。

 

耳管開放症の原因とは?

 

 

ダイエットやストレス、体重減少などが原因と言われているようですが、声を出したときの耳の詰まりについては原因が不明のようです。

 

ですが、歌をうたうときや声をだしているときは、口を大きく開けたり呼吸するなど耳管が開きやすい状態といえます。

 

対処方法ってあるの?

 

 

歌っているときに耳が聞こえにくくなると音も取りにくく歌いにくいですよね。

実は私も自身のボイトレ中に耳が突然詰まった経験があります。

私の場合は、高い声を出しているときだけ限定で、気づいたら治っていました。

 

おそらく、高い声を出すときに耳管が開いてしまったんでしょう。

 

対処法としては、口を大きく開けてみたり、唾を飲み込むなどして治す方法があります。

あとは、水分を補給することも良いそうです。

 

さらに、耳鼻科の情報によると、頭を下げる(下を向く)と症状が軽くなるようです。

 

それでも気になる方は、耳鼻科で一度みてもらうことをおすすめします。

 

歌は喉や耳、鼻などとても深く関係しています。

特に耳は音を聞くこと、自分の声を確認することなど大事な器官です。

 

あなたの大事な楽器の一つです。

 

私も以前、風邪による喉の腫れが原因で、声が出なくなったときに耳鼻咽喉科に行きました。

 

喉や耳は目で確認できないので、違和感がある場合は早めに病院へ行きましょう。

 

Soulfulカラオケ教室では体験レッスンを行っています。

 

お問い合わせ からどうぞ